暮らしの雑学・豆知識

グルメ、生活、ホビー、乗り物、言葉についての雑学・うんちく・豆知識・トリビアを集めたサイトです

賀寿の数え方を一覧で紹介

長寿を祝う節目の年齢を 賀寿といいます。以下にそれらを一覧で紹介します。


名称

解説

還暦(かんれき)

61歳を祝う。61年経つと、丁度誕生日の月日、曜日が同じになる。

古稀・古希(こき)

70歳を祝う。古くは70歳まで生きることが稀なため古希という。

喜寿(きじゅ)

77歳を祝う。「喜」の字の草書体が「」で、これが七十七と読めることが由来。

傘寿(さんじゅ)

80歳を祝う。「傘」の俗字が「」になることが由来。

半寿(はんじゅ)・盤寿(ばんじゅ)

81歳を祝う。「半」の旧字体のを分解すると八十一になることが由来。

盤寿は将棋盤の目は9×9の81マスなのが由来。

米寿(べいじゅ)

88歳を祝う。米を分解すると八十八になることが由来。

卒寿(そつじゅ)

90歳を祝う。「卒」の俗字の「卆」から。だが、祝うのに「卒」は適切でないため、あまり祝われない。

白寿(はくじゅ)

99歳を祝う。100-1=99、百-一=白から。

上寿(じょうじゅ)

100歳を祝う。かなり上だから言う。

茶寿(ちゃじゅ)

108歳を祝う。茶の旧字体の草冠は++みたいになっていることから、十+十=二十、下の部分は八十八と読める。足して108になることが由来。

皇寿(こうじゅ)・川寿(せんじゅ)

111歳を祝う。白は99歳、王は分解すると十二。99+12で111歳。

川寿は川の字が111に見えることが由来。