賀寿の数え方を一覧で紹介

長寿を祝う節目の年齢を 賀寿といいます。以下にそれらを一覧で紹介します。

 
年齢
(数え年)
名称 読み方 性別 理由
10歳 辻髪 つじかみ   子供の髪型から
15歳 志学 しがく 男性 「吾十有五にして学に志す」(論語)
笄年 けいねん 女性 初めて笄(かんざし)をさす歳であることから。
20歳とする説もある。
16歳 破瓜 はか 女性 「瓜」を加えて十六
20歳 二十路 ふたそじ 共通  
二十歳 はたち 共通  
弱冠 じゃっかん 男性 「二十を弱と云い冠す」(礼記)
30歳 三十路 みそじ 共通  
而立
立年
じりつ
りゅうねん
男性 「三十にして立つ」(論語)
壮室
年壮
そうしつ
ねんそう
男性 「三十を壮と云い、室あり」(礼記)
40歳 四十路 よそじ 共通  
初老 しょろう 共通  
不惑 ふわく 男性 「四十にして惑わず」(論語)
心に迷いがなくなる。
強仕 きょうし 男性 「四十を強と曰う、すなわち仕う」(礼記)
智、気力が充実している。
48歳 桑年 そうねん 共通 「桑」の古い文字(桒)が4つの「十」と「八」と分解できるため
50歳 五十路 いそじ 共通  
五十算 ごじっさん    
杖家 じょうか 共通 礼記より
中老 ちゅうろう    
天命
知命
てんめい
ちめい
男性 「五十にして天命を知る」(論語)
天が自分に与えた使命を自覚する。
艾服 がいふく    
艾年 がいねん 共通 髪が艾のように色あせて白くなる年の意味から
60歳 六十路 むそじ 共通  
耳順 じじゅん 男性 「六十にして耳順う」(論語)
相手の言うことから善悪などを素直に判断できるようになる。
杖者 じょうしや   杖を突く人
杖郷 じょうきょう 共通 礼記より
本卦還り ほんけがえり 共通 生まれた年の干支と同じ干支の年がくること
61歳 還暦 かんれき 共通 干支が60年で一回りするため
華寿
華甲
かじゅ
かこう
共通 「華」が6つの「十」と「一」と分解できるため
64歳 破瓜 はか 男性 八に八を乗ずる
66歳 緑寿 ろくじゅ   「緑」の読み(ろく)から。日本百貨店協会が提案
70歳 七十路 ななそじ 共通  
古希 こき 共通 「人生七十、古来稀なり」の詩(杜甫「曲江」)より
従心 じゅうしん 男性 「七十にして心の欲するところに従いて矩を踰えず」(論語)
思うままに動いても間違いを起こさなくなる。
致仕 ちし    
杖国 じょうこく 男性 礼記より
懸車 けんしゃ    
踰矩 ようくゆく 男性  
77歳 喜寿 きじゅ 共通 「喜」の草体が七十七のように見えるため
80歳 八十路 やそじ 共通  
傘寿 さんじゅ 共通 「傘」の略字(仐)が八十と分解できるため
下寿 かじゅ 共通 中国古伝説より
杖朝 じょうちょう 男性 礼記より
81歳 半寿 はんじゅ 共通 「半」の字が八十一と分解できるため
盤寿 ばんじゅ 共通 将棋の盤が 九×九 = 八十一 マスあることから
漆寿 しつじゅ 共通 礼記より
88歳 米寿 べいじゅ 共通 「米」の字が八十八と分解できるため
90歳 九十路 ここのそじ 共通  
星寿
聖寿
せいじゅ 共通 囲碁界特有
卒寿 そつじゅ 共通 「卒」の略字(卆)が九十と分解できるため
95歳 珍寿 ちんじゅ 共通  
99歳 白寿 はくじゅ 共通 「百」の字から一をとると白になる事から
100歳 百寿
紀寿
ももじゅ
きじゅ
共通 1世紀 = 100年から
共通 「百年を期と曰う」(礼記)
中寿 ちゅうじゅ 共通 中国古伝説より
100歳以上毎年 上寿 じょうじゅ 共通  
108歳 茶寿 ちゃじゅ 共通 「茶」の字を分解すると「十、十、八十八」と分解できるため
不枠 ふわく 共通 「枠」の字を分解すると「十、八、九十」と分解できるため
111歳 皇寿 こうじゅ 共通 「皇」の字を分解すると「白 (=99)、一、十、一」と分解できるため
川寿 せんじゅ 共通 「川」が111と読めるため
111歳以上
112歳以上
120歳以上
珍寿 ちんじゅ 共通 これほどの長寿は珍しい事から
119歳 頑寿 がんじゅ 共通 「頑」の字を分解すると「二、八、百、一、八」と分解できるため
120歳 昔寿 せきじゅ 共通 「昔」の字を分解すると「廿 (=20) + 百」
大還暦 だいかんれき 共通 2回目の還暦を迎えたことになるため。
かつての長寿世界一泉重千代を讃えるために作られた言葉。
上寿 じょうじゅ 共通 中国古伝説より
250歳 天寿 てんじゅ 共通