カリンジャムの作り方

カリンの実は猛烈に固い上に渋く、生食には全く向かないのだが、ペクチンが豊富に含まれているので、煮汁に砂糖を加えて煮詰めると、澄んだ赤い色の甘酸っぱくて美味しいジャムを作ることができる。食べ始めにホンの少し渋みを感じるけど、まあ、それもカリンジャムの風味のうちというモノです。

材料

カリン・・・適当な量 水・・・ひたひた
砂糖・・・・作った煮汁の重さの30%

手順

①収穫したカリンの実をきれいに洗う。
②4つ割りにして種を取り除き、薄くイチョウ切りにする。皮は剥かない。
③ひたひたの水加減で、沸騰させてから30~40分くらい煮出す。
④良く汁気を切って実を取り除く(実は使わないので捨てる)。
⑤ザルとリードペーパー等を使って煮汁を漉し、ひと回り小さい鍋に移す。
⑥煮汁の重さの30%の分量の砂糖を投入して、鍋底を焦がさないように木べらでかき混ぜながら煮詰める。煮詰めると赤い色に変わります。
⑦熱いうちに瓶詰めする。常温で長期保存する場合は脱気・殺菌する。冷めたら日付と内容物を書いたラベルを貼って完成。

参考までに、1.5kgの煮汁に砂糖500gを加えて煮詰め、750gのカリンジャムが出来ました。

収穫したカリンの実

収穫したカリンの実

種を取り除いて薄くイチョウ切りにする

ひたひたの水加減で30~40分間煮出す

良く汁気を切って実を取り除く(捨てる)

煮汁を漉してひと回り小さい鍋に移す

煮汁の重さの30%の分量の砂糖を投入する

鍋底を焦がさないようにかき混ぜながら煮詰める

完成・澄んだ赤い色で甘酸っぱくて美味しい