暮らしの雑学・豆知識

グルメ、生活、ホビー、乗り物、言葉についての雑学・うんちく・豆知識・トリビアを集めたサイトです。気になった記事や文章を個人のメモとして投稿しています

ドミノの基本ゲーム「ブロック」の遊び方とルールを紹介

■What's Game

 ドミノゲームの基本ゲームといえば、ブロックです! このゲームから派生 した ゲームはたくさんありますが、やはり基本ゲームであるブロックが、古くから世界で最も親しまれています。ルールはシンプルでわかりやすく、ファイブ系ゲー ムのように暗算する必要がないので、 気軽に遊ぶには、もってこいのカフェゲームです。しかし、なかなかどうして、このゲームに勝つには運だけではなく戦略も必要です。

 太字はアメリカでのトーナメント・ルール(大会公式規則)です。

■Set

 プレイ人数は2~4人くらいで、最適は4人。

 4人の場合は対面にいるプレイヤー同士でペアを組んで対戦すること が多い。

 手牌はダブル6の場合、それぞれ7枚で、残り牌があっても使用しな い。人数やドミノセットによって手牌の枚数を調節することもある。

 最初に牌を出すリーディング・プレイヤーを決めるには、4つの方法がよく知られている。

 

1)手牌の最大ダブル牌からスタート。
  ダブル牌が1つもなければシャッフルしてやり直し。

2)セットの最大ダブル牌からスタート。
  このダブル牌がなければシャッフルしてやり直し。

3)手牌の最高ダブル牌からスタート。
  ダブル牌が1つもなければ、最大のシングル牌でスタート。

4)事前に牌を1枚ひいてピップ数(黒点)合計の多いプレイヤーからスタート。
  合計数が同じときは片側の数が多いほうが優先される。

■How to Play

 時計回り(または逆回り)に順番で、既に出されている牌の列の両端 のうち、どちらかの数字と同じ数字のある牌を手牌からつなげてゆく。マッチング(つなぎ方)は、牌と牌 の同じ数字同士を合わせるようにして、ダブル牌のみ縦に置いてつなげる。ただし一般的にダブル牌はスピナー(十字分岐)にならない。よって牌は一列に 並べられることになる。

 ・基本のマッチング

 ・ダブル牌のマッチング


 出せる牌が手牌にない場合はパスとなり、次のプレイヤーの順番に移る。

 もしも牌を出したくないときでも、可能であれば必ず牌を出すこと。

 最初に手牌を出しきってなくしたプレイヤーは「ドミノ!」と宣言し、勝利となる。

 誰も手牌を出せなくなってしまうことをブロックといい、そのときは全プレイヤーが手牌を公開し、その中で最もピップの数が少ないプレイヤーの勝利とな る。

 勝利プレイヤーが次のラウンドで最初に任意の牌を出すリーディング・プレイヤーになる。

■Scoring

 勝者には他の全プレイヤーの合計ピップ数の合計がそのまま得点となる。

 ペア対戦の場合は相手ペアの合計ピップ数のみが得点になる。

 ブロックして終了したときは、勝者ペア自身を含めた全ての残り手牌のピップ数が得 点になる。

 数ラウンドを繰り返して、100点を先取したプレイヤーが優勝者となる。勝利点に関しては、50点、150点、200点、101点制などを採用すること も多い。

■Comments

 ブロックの次に親しまれているドミノゲームはドロー(Draw)で しょう。大会等は少ないようですが、友達同士で遊ぶことが多いゲームのようですね。

 ドローは以下のルール以外はブロックと同じになります。

 手牌は2人で7~8枚、3~4人で5~6枚くらいとなっていますが、最適なのは4人で5枚ずつでしょう。余った牌はボーンヤードとして、あとで使用する ことになります。

 プレイヤーが牌を出せないときは、ボーンヤードから出せる牌が出るまで、牌をひき続けなくてはなりません。そして出せる牌を1枚だけつなげ、それ以外に ひいてきた牌は全て手牌に加えられます。ボーンヤードに牌が1枚もなくなってしまったら、ブロックと同様のルールになり、そのままパスになります。

 また日本ではメジャーなボーンヤードに2枚残しておくというルールは、世界的には非常にマイナーなルールで、クロス系ゲームに若干見受けられるくらいで す。