お宮参りって、いつ、どこで? 着物や衣装はどうするの? そもそも、どういう行事?

お子様にとって、人生で初めての大切な行事のひとつである、お宮参り。

お参りはいつするの? いつまでにしなければならないの? どんな着物や衣装を着せるの? そもそも、どういう行事なのか?
さらには、ご両親の服装や神社に支払う料金(初穂料)、写真撮影などなど、悩みの種が尽きない新米パパ・ママも、少なからずおられるかと存じます。

このサイトでは、初宮参りとも呼ばれるこの風習の実際について、判りやすく解説させて頂きます。

お宮参りはいつするの? いつまでにすればいいの?

一般に、生後一ヶ月前後にお参りするのがよいとされています。

しかしながら、赤ちゃんや産後間もないママの体調を考慮し、真夏や真冬の気候の厳しい時期を避けて、穏やかで過ごしやすい時期にお参りを行っても、全く問題はありません。
中には、赤ちゃんの首が据わる生後三ヶ月後位まで、あえてお参りを遅らす方もおられます。

俗説や世間体などに惑わされず、それぞれの適切な時期にお参りいたしましょう。

お宮参りとは? その基本と由来

地元の氏神(うじがみ)さまに子供の生誕を報告すると共に、健やかな成長を祈願する行事です。

なお厳密には異なりますが、氏神さまは産土神さまや鎮守さまと呼ばれている場合もあります。

通常、男の子は生後31日か32日目、女の子は生後32日か33日目に執り行うものとされていますが、生後100日目にお参りする百日詣り(ももかまいり)など、地域などによって異る場合もあります。

また、かつては赤ちゃんを抱いた父方のお祖母様に、ご両親が付き添ってお参りするのが、しきたりでした。

お宮参りの行き先

赤ちゃんが生まれた土地の守護神でおられる、氏神さまがまつられている神社でのお参りするのがよいとされていますが、その地域の有名な神社にお参りされる方もおられます。

また、ご先祖のお墓やお仏壇にも、赤ちゃんの生誕の報告と共にお参りされる方もおられます。

お宮参りで赤ちゃんに着せるもの

でんちセットやベビー服を着せ、さらに頭巾やフード、よだれ掛けなどを付けさせ、その上に鷹や兜などのおめでたい柄の熨斗目(のしめ)や祝い着を、掛け着として着用します。
この時、絵柄が良く見える様に広げて赤ちゃんの身体を覆う様に掛けます。そして、付紐の片方を抱き手の肩から、もう片方を脇から通して、背中で蝶結びにします。

なお男の子の場合は、父方の家紋を背中・両袖・両胸の計五ヶ所に入れるのがよいとされています。

一般に女の子は家紋は入れませんが、関西を中心に用いられる女紋(一つ紋を背中に)という母系の紋を入れる場合もある様です。

また、扇子やお守り袋、でんでん太鼓などの縁起の良い小物や紐銭を、祝い着の紐につるす風習もあります。

ママや同行者の方の服装

赤ちゃんに祝い着で正装させた場合には、ご両親やご親族の方々も同じく正装いたしましょう。
しかし、大人も和装で揃えなければならないわけではありません。季節にあわせた、簡礼服やスーツ・ワンピースなどで十分ということです。

質問サイトの類によると、黒留袖や訪問着でなければならないのでは?などの疑問をお持ちの方もおられる様ですが、一番大切なのは着やすさや動きやすさ。

出産後まもなくのママは、体調の整わない状態でのお参りとなってしまいがちだし、着物姿での授乳も大変ですからね。

神社でのお参りの仕方

巷で言われることもある、父方のお祖母さまが赤ちゃんを抱くという形式にこだわる必要はありません。これは、お産は穢(けが)れと考えられていた時代のなごりで、同じ理由で経産婦が鳥居をくぐることすら禁じられていたそうです。

この件については、産後の母親を気遣う生活の知恵として捉えるべきではないでしょうか。臨機応変に、パパや父方母方両方の親御さんなどにも抱いてもらうのが、よろしいかと存じます。
お参り自体のやり方としては、御手洗(みたらい)と呼ばれる水場で手や口を清めた後、拝殿の鈴を鳴らしお賽銭を入れ、二礼二拍一礼(二度おじきした後に二回拍手(かしわで)を打ち、さらにもう一度おじぎする)で締めくくるという、一般的なものと同じです。

ご祈祷と初穂料について

より正式なお参りを希望される方は、お祓いやご祈祷をうけましょう。
これらに必要な料金を、初穂(はつほ)料と呼びます。

初穂料の金額は神社によって異なりますが、五千円から一万円位が相場の様です。
他にも、事前予約が必要だったりするなどの場合があるので、下見時や電話などで各神社の社務所に確認しておきましょう。なお、最近は多くの神社がホームページを持っていますので、お参り場所を選定する際に、同時に確認されるのがいいかもしれません。

なお初穂料は、上段に“御初穂料”と記し下段に赤ちゃんの姓名を表書きした、紅白の蝶結びの熨斗(のし)袋または白封筒に入れ、社務所にお渡しします。

記念写真の撮影

お参りの際のスナップ写真だけでは物足りない向きは、スタジオでの記念写真の撮影や専用アルバムの作成などをしてくれる、写真館・写真スタジオのサービスを利用しましょう。

赤ちゃんを囲んだ記念写真を一枚撮るだけから、豪華な特製アルバムなどの特注まで、様々な業者・サービスがあります。費用もピンキリなので、よくお調べになってみてください。

また神社によっては、業者と提携して境内での記念撮影サービスを行っているところもあったりします。
初穂料などと同じく、こちらも事前に確認しておきましょうね。

地域によってはこんな風習も

京都を中心とした関西では、お宮参りの際に赤ちゃんの額に男の子は“大”、女の子には“小”と紅で書く、『綾子(あやつこ)』という風習があります。これは魔除けの印で、地域によって“×”や“犬”と書いたり、単に点を打ったりするところなどがある様です。
なお神社の中には、お参りの際に書いてくださるところもあります。

また、親戚縁者からのご祝儀の入った熨斗(のし)袋を、祝い着にぶらさげる『紐銭(ひもせん)』という風習もまた、関西などの一部地域で今行われています。これは赤ちゃんが生涯お金に困らぬ様にという願いをこめたもので、かつては穴の開いた硬貨をまとめて紐に通していたのが、その名の由来だそうです。