ハミ毛はイヤっ!自宅でできるアンダーヘアの処理法5つ

夏が近づいてきましたね! 夏ならではのレジャーといえば、海やプールも楽しみのひとつ。

素敵に水着を着こなすために、ダイエットに励んでいる女子も多いと思いますが、誰もが気をつけたいのがアンダーヘアの処理です。

ワキや手足の毛に比べて、ここぞ! という時しかお手入れしない人もいるかもしれませんが、いざ水着を着たらはみ出ていた……。なんて恥ずかしい思いはしたくないですよね?

そこで今回は、自宅でできるアンダーヘアの処理法をご紹介します。水着になる準備としてはもちろん、普段のお手入れとしても参考にしてくださいね。

■お手軽ならカミソリ

1番手軽に処理できる方法は、やっぱり“カミソリ”。でも、正しくお手入れしないと出血したり、後々色素沈着したりしてしまうこともあるので正しく処理する方法を覚えましょう。

カミソリを使う前に、シェービングクリームや乳液などで肌の保護を。

長い毛はハサミでカットしてから行うとやりやすいですよ。肌を少し引っ張って、毛流れに沿ってくださいね?

逆毛で剃ると肌を傷つけやすく、肌荒れや黒ずみの原因になります。

■ヒートカッター

アンダーヘアは毛が太く、剃るとチクチクしがち。気になる人はヒートカッターがオススメです。熱で毛をカットするので、毛の表面が丸くなり、チクチクせず、水着からも突き出ません。

はみ出ない長さにカットすれば十分、という人にオススメの処理法です。

■除毛クリーム

アンダーヘア用の除毛クリームもあります。アンダーヘアは太くて抜けづらく、全てを綺麗にごっそりなくすのは難しいかも。定期的に除毛クリームを行って、少なくしていくつもりなら向いている処理法です。

肌に無理な負担がかからないようにされていますが、正しい処理時間以上を塗ってしまうと滲みたり肌荒れしたりする原因に……。説明書をよく読んで正しく使ってくださいね。

■ワックス脱毛

アンダーヘア脱毛として、ブラジリアンワックスがここ数年話題になっていますが、セルフでできるキットも売っています。

温めたワックスを塗ってペーパーを貼り、一気に剥がすブラジリアンワックスは、古い角質も一緒に除去でき肌が綺麗に、カミソリに比べて仕上がりも綺麗なメリットがあります。

ただし、セルフではサロンのような仕上がりにならない可能性が高く、痛みが強いデメリットも。難易度が高く、慣れが必要な処理方法です。

■毛抜き

仕上がりは綺麗なものの、1本ずつ抜く毛抜きによる処理方法は痛みも強く、埋没毛を作りやすいデメリットもあります。

無理に毛を引き抜くと毛穴が広がり、ばい菌が入りやすいだけでなく肌荒れしやすくなります。トラブルが多い処理方法なのでやめた方が無難ですよ。

どの処理方法も、清潔な状態で、処理をした後は保湿をして、冷やすと肌が落ち着きます。

予定の前日~2日前までには処理をして、水着を着た状態を鏡でチェックし、抜かりがないように準備しましょう♡