20代女性のウエストサイズ平均は○cm!体型の変化は「お腹まわり」からやってくる

自分の体型やスタイルの中で一番気になる部分はどこですか? やはり女性であれば、バストや太もも、二の腕など、他人からよく見られる部分が気になってしまうものだと思います。

でも、意外と気をつけなければいけないのがウエストではないでしょうか? ポッコリお腹などは見た目にもカッコ悪いですよね。

実は、多くの女性が、体型の変化は「お腹まわり」から感じ始めているということが明らかとなったのです。

■体型の変化を感じる部位は「お腹まわり」がダントツ1位

「株式会社ダイアナ」が500名の女性に行ったアンケートによると、64.9%の人が、20代からすでに「体型の変化を感じている」と回答しました。

具体的に「体型の変化を感じる部位」については、「お腹まわり」が55.1%と「お尻(18.6%)」や「バスト(8.3%)」などよりも圧倒的に多い答えとなりました。

お腹まわりというのは、年齢が一番出てしまう部位でもあるようですね。6割以上の女性が、20代から気になり始めているようなので、早めに対処しておく必要があるのではないでしょうか。

■「体型維持」の対策をしている女性は4人に1人程度

次に、「年齢とともに体型が変化することをどう思うか?」と聞いたところ、76.0%の女性が「何か対策をしたい」と答えました。ところが、「実際に対応をしている」という人は24.6%に留まってしまったのです。

体型の変化を感じ、どうにかしなくてはいけないと思っても、実際に動き出すという女性は4人に1人程度しかいないみたいですね。お腹まわりは特に脂肪が落ちにくい部分ので、早め早めの行動こそがプロポーション維持の秘訣なのかもしれません。

■20代女性の平均ウエストサイズは「68.80cm」

では、実際のところ、20代女性のウエストの平均サイズはどのくらいなのでしょうか? 「株式会社ダイアナ」が26,811名の20代女性のウエストを含めた各部位の平均値を算出しました。

すると、20代女性のウエストサイズの平均値は「68.80cm」という結果でした。今40代の女性が20代だった頃の平均値は「67.37cm」だったため、現代の20代女性のよりも1.43cmほど細かったようです。

昔よりも女性のウエストが太くなってしまっているみたいですね。まずは自分のウエストサイズをしっかりと把握して、意識して対策をとっていくことが必要かもしれませんね。
「お腹まわり」こそが、一番年齢や体型の変化を感じる部位であるようです。他人の目にも、ポッコリお腹の女性は、太っていたり、歳をとって見えてしまったりするものなので、普段から注意が必要ですよ。

【参考】
※ 「20代女性のウエストに関する調査」-株式会社ダイアナ