憧れ美乳は私のモノ…♡こじはる級マシュマロバストの作り方

女性らしさの象徴といえば、やっぱり「胸」。大きさや形、ひとぞれぞれ特徴があるけど、男性が好きなのは「巨乳」じゃなくて「美乳」です。大きくても垂れているより、手のひらサイズでもツンと上向きバストのほうが美乳ですよね。

憧れの美乳の持ち主と言えばやっぱり小嶋陽菜さん。真っ白でふんわりとしていて、まさにマシュマロバスト♡

でも、実はバストって20代から下垂するって知っていましたか? 何気ない毎日の行動が残念バストを作る原因にもなるんです。

そこで今回は、憧れの美乳を作るためにすべきことをご紹介したいと思います。

■美乳をつくる生活習慣

・ノーブラはNG

ノーブラやカップ付キャミソールで過ごしていませんか? ブラジャーは胸を綺麗に見せるだけでなく、支えるものでもあります。支えがない状態でバストが揺れると、クーパー靭帯が伸びて胸が下垂する原因に。

日中は胸を揺らさないように固定できるインナーを、夜はナイトブラをするのが美乳習慣です。

・化粧室はバストアップタイム

朝つけたブラジャー、そのまま手を加えずに夜まで過ごしていませんか? 手の上げ下げなどで、カップに収まっていたバストは少しずつ流れています。

化粧室に行くたびに、脇に流れたお肉を集めてブラジャーにIN! 形状記憶させるために、グラドルも頻繁にやるそうですよ。

・猫背はNG

パソコン、スマホなど、猫背になりがちではないですか? 肌が綺麗といわれる日本人ですが、姿勢が残念とアジアでは言われるのだとか。猫背は胸を支える筋肉が緩み、バストが垂れる原因にもなります。

壁に背中をつけて立って、肩が内側に巻いている人は猫背気味なので要注意!

■美乳を作る食べ物

身体は食べた物でできている、といわれますが、美乳作りにはこんな食べ物がオススメです。

・味噌

女性ホルモンに似ている大豆イソフラボンは、美乳のために是非とも積極的に摂りたい食材。豆乳、納豆、味噌、豆腐などがありますが、効率よくイソフラボンを摂取するなら味噌がおススメです。

・キャベツ

平山あやさんがキャベツを食べて胸が大きくなったそうですが、実際にキャベツに含まれる「ボロン」には、エストロゲンの分泌を促し、血中濃度を上昇させる効果があるそう。ボロンは熱に弱いので、生で食べましょう。

・ささみ

身体を作るタンパク質はバストアップにも◎ 良質なたんぱく質は魚や肉、卵などに含まれています。低カロリーで高たんぱくなささみはアスリートにも好まれていますが、体型が気になる女子にもおすすめの食材です。

■美乳をつくる簡単ケア

美乳に欠かせないのが、バスト周辺の血行促進です。ストレッチとほぐしでハリのある美乳を目指しましょう!

(1)腕を伸ばし、そのまま倒して体の側面を伸ばしましょう。

(2)バスト周りのリンパ節をほぐす

鎖骨の下の部分と、鎖骨の外側の下にある、脇の横のくぼんだ部分をほぐすと、血行が良くなりバストにハリがでます。

生活習慣やケアで美乳は作ることが可能です。脱いでもイイ女を目指して、是非習慣にしてくださいね♡