【手相占い】手の「ほくろ」の位置とその意味は?

誰でも身体にいくつか持っている“ほくろ”。実はこの“ほくろ”、手のひらにある場合は、その場所によって様々な意味があり、予想外の未来を暗示していることもあるんです。

そこで今回は、“手のほくろの位置とその意味”についてご紹介いたします。

■1:生命線上にほくろがある…心身ともに弱っている状態

生命線上のほくろは、精神面および肉体面の両方にわたって“マイナス面”があることの暗示。特に生命線の起点にほくろがある場合は、神経質で用心深いタイプ。幼少期、身体が弱かった人に多く見られます。また、生命線の中間地点あたりにほくろがある場合は、消化器系や肝臓がやや弱い傾向が。そして、生命線の末端にほくろがある場合は、消化器系や内臓の疲れ、事故などに気をつけましょう。

■2:感情線上にほくろがある…メンタルが原因でトラブルが起こりがち

感情線にあるほくろは、メンタル的にマイナスに働くことが多いとされています。人差し指の下にあるほくろは、異性に対して尽くす反面、嫉妬深いところがあるかも。中指の下にあるほくろは、感情的になりやすくトラブルに巻き込まれがち。また、薬指の下にあるほくろは、盲目的な恋愛をする傾向がありそう。そして、小指の下にあるほくろは、気分屋で恋愛が長続きしないことを暗示するものです。

■3:知能線上にほくろがある…考えすぎて心配性

知能線上のほくろは、物事をあれこれ考えすぎる人に多いとされます。人差し指の下にあるほくろは、神経質な性格により人間関係の失敗が多くなりがちなことを暗示するもの。中指の下のあるほくろは、優柔不断な性格を暗示するもので、取り越し苦労が多いかもしれません。また、薬指の下にあるほくろは、ありもしないことを妄想し、恋人やパートナーのことを疑ったりして思い悩むことが。そして、小指の下にあるほくろは、やや非常識な行動を取ってしまい、周囲を驚かせることがあるかも。

■4:運命線上にほくろがある…ケガやトラブルに注意

運命線上のほくろは、トラブルや事故、ケガなどを表しているとされます。知能線の近くにあるほくろは、判断ミスで仕事上のトラブルに巻き込まれる暗示です。そして、中指の真下にあるほくろは、中年以降、大きな事故やケガに遭う可能性があることを示すもの。何事も慎重に。また、運命線の末端にほくろがあると、他人のせいで仕事や恋を失う可能性があるかもしれません。むやみに人を信じないよう注意しましょう。

ほくほくろは、場所によっては、必ずしもいい意味ばかりではありません。それでも、あなたのさまざまな状態を示してくれる重要な相のひとつであることは間違いないでしょう。